臨終から葬儀までの流れ/横浜市、町田市での葬儀・葬祭のことなら[有限会社 ときわ祭典]

HOME > 臨終から葬儀までの流れ

臨終から葬儀までの流れ

臨終から葬儀までの流れ

これだけは準備しておきましょう。

宗旨・宗派を確認しておきましょう。

お葬式には仏式・神式・キリスト教式・無宗教式などがあり、仏式は宗派によって 施行方法などが異なります。
宗旨・宗派・菩提寺を確認しておきましょう。

写真を何点か選んでおきましょう。

祭壇にお飾りする写真が必要ですので、できるだけ被写体が大きく鮮明な 写真を探しておきましょう。

ご親戚や会葬者の人数を予想しておきましょう。

会葬者数は故人の知人や友人、喪主や遺族の職業などの人数から把握します。

臨終直後の対応

1. 病院で亡くなられた場合

医師による死亡の確認が済みましたら、死亡診断書を受け取ります。

2. 事故で亡くなった場合

警察官、監察医の検死がすみましたら、死体検案書を受け取ります。

3. 家族・親戚への死亡通知、葬儀社への連絡

連絡を受けた葬儀社はご遺体を自宅に移送します。(外出先の場合)
一般葬儀社の使用している「白ナンバー」の寝台車は、違法行為として法律で禁じられています。 ※霊柩車・寝台車の料金は、種類と距離・時間によって異なります。

枕飾り

納棺するまで頭は北(又は、西)に向けて安置します。

手は胸の上で組ませ、数珠をかけ、顔はサラシ(又は、白のハンカチ)の面布で覆います。

枕元に小さな机を置いて白い布をかけ、ローソク、線香などを飾り、火をともします。

末期の水

割り箸に脱脂綿を糸でくくりつけたものや半紙を細長に切ったものを、茶わんの水に浸して故人の唇に付けます。

喪主の決定

通夜・葬儀を円滑にとり行うために喪主・世話役を決めます。

喪主は世帯主・配偶者・長男などがなりますが、葬儀後も年忌法要などの供養を行う人がよいでしょう。

葬儀内容の決定

故人の地位、宗旨、会場、規模、会葬者数などにより、葬儀の内容を決定します(※仏式の場合)

通夜・葬儀の日時と会場は、僧侶や火葬場、会館の都合などもありますので、喪主・僧侶・葬儀担当者との間で決定します。

通夜・葬儀の手配

(1) 電話または死亡通知状で死亡を通知します。

(2) 僧侶のタクシーの手配をします。

(3) 死亡届と死体火葬許可申請書を役所に提出します。

(4) 世話役の各係りを決めます。

(5) 祭壇に飾る遺影の準備をします。

(6) 通夜ぶるまいの用意をします。

(7) 喪服の用意をします。

(8) 生花や花輪、供物の確認をします。

通夜

通夜は、通常午後6時~7時頃から始めます。

僧侶の読経、焼香のあと、通夜ぶるまいと進みます。

※この時、僧侶へのお車代などを包みます。

葬儀・告別式の準備

(1) 受付の準備、会葬御礼品のセットをします。

※会葬御礼品、会葬礼状は通夜の前に用意します。

(2) 弔電を整理し奉読の順番を決めます。

(3) 席順や焼香順位を決めます。

(4) 火葬場へ行く人数を確認し、ハイヤー・マイクロバスの台数も確認します。

(5) お布施(通夜に渡す場合もあります)の用意をします。

(6) 初七日法要の料理の確認をします。

葬儀・告別式の流れ

※葬儀は宗派や会場によって多少異なりますが、一般的には次の順で行われます。

(1) 参列者着席

(2) 導師入場

(3) 開式の辞

(4) 読経

(5) 導師焼香

(6) 遺族焼香

(7) 一般参列者焼香

(8) 導師退場

(9) 弔辞弔電奉読

(10) 閉式の辞※

⇒挨拶の文例はこちら

お別れ・出棺

葬儀が終わったらご遺体を花で飾り、故人愛用の品を納めます。

親族は故人との最後のお別れをして、近親者で棺を霊柩車に運びます。

火葬・骨あげ

火葬にかかる時間は、1時間(地域によって異なります)ほどです。

収骨される方は係員の連絡があるまで、休憩所でお待ちいただきます。

遺骨は帰宅後、壇飾りに安置します。

初七日法要・精進落とし

最近では葬儀当日に初七日法要をつとめることが多く、法要後の食事では、僧侶、世話役、手伝いの方々をもてなします。

葬儀を終えて

※世話役をはじめとして、葬儀の引き継ぎはなるべく葬儀当日に行います。

引き継ぐものは下記の通りです。

(1) 香典

(2) 香典、供物の控え帳

(3) 弔電、弔辞

(4) 会葬者名簿

(5) 会葬者の名刺

(6) 会計帳と残金

24時間受付フリーダイヤル0120-594-201